「奇跡の旅路」最重要集5

  南無とは帰命と申しまして 心から仏や仏の教えに従うことです、

 

仏教は釈迦がすべて説きました、ですから釈迦の教えに従うことを申します

 

おなじみの南無阿弥陀仏と声に出せば阿弥陀仏に心から従う事になります、

 

(釈迦の経には西方十万億土の極楽浄土に住み人を救い導く 念仏の衆生

 

護念するとあります )  南無とは意思を表す行為です「私がこうなりたい」「この病気を

 

治したい」「お金持ちになりたい」「幸福になりたい」ですから、南無の下の文字が何

 

になりますでしょうか、では皆様、幸福になりたいその体の持ち主は誰の事でしょう、

 

この病気を治す体の持ち主は誰の事でしょう、お金持ちになる体の持ち主は誰の事で

 

しょう、つまり南無は貴方の意思と申しました、その思いを完結いたします、その身体

 

つまり貴方の身体を申しますの、つまり貴方の身体を顕す文字が南無の下に来なければ

 

なりませんの、「南無・阿弥陀仏」では唱えました貴方が阿弥陀仏様に帰命つまり命を

 

ささげることを願っていますの、幸福になるための願いではございませんの、病気を治

 

すための願いではございませんの、良くお考えいたしましたらお解りになりますの、

 

決して

「南無 阿弥陀仏」とはなりませんの、貴方は阿弥陀仏に命を捧げますから

 

病気を治してくださいと申しておりますの、病気は貴方の事実ですの、

 

治すのは貴方の身体ですの、皆様はこうお考えでしょう 「南無・阿弥陀仏

 

と唱えると阿弥陀仏が「よし聞いてやるぞ 守ってやるぞ」と約束を得たのだと、

 

そうではありませんよ、

 

ここでは南無をお教えするために阿弥陀経をお出しいたしましたが 大日経(大日如

 

来)ともども、爾前経と申しまして他にお願いをして結果をお待ちすると言う事です

 

法華経以外の一切の経」は主体者は自分ではなく他と言う事です

 

法華経以外の一切の経を爾前経と申します

 

 爾前経(その前)と書きます法華経の前と言うことです

 

「南無」が個人の意思表示を表しています、自分で意思表示をして他に任せる

 

「してもらう」彼にこれをしてもらう、彼女にこれをしてもらう。つまり自分で

 

自分の身体を使ってこうなるのではありませんの

 

常に他に依存する事これを爾前の経と申しますの 

 

(ですから依存される方にとっては厳格なる威厳が必要なのです大会社の

 

社長様ですとか特別な特技の方ですとかお金持ちとか)

 

無理からぬお話です全くわからない教授陣が先生ですからその生徒である

 

私たちに解るはずがありません

 

ですから社会性を見るのです社会の優等生に模範を見るのですこれが現実ですの

 

全ての問いかけに答えてくれます個人の羅針盤が全ての人々に必要な訳が

 

ここにありますの、

 

個人の自立とはそのことですの皆さんもこのことで悩みますでしょう右か左か

 

どちらに進めば最善か

 

釈迦はその答えを探すべく、旅に出ましたのそして悟りを得ました、でも

 

それは到底人々に話せる内容ではない事に気づくのです人々の機根の問題です

 

 皆さんもお解かりでしょう、仏の教えを聞いて、悟りを 開くための基盤となる、

 

衆生(しゆじよう)の宗教的性質を機根と申します、釈迦の説法を聞き受け入れて

 

発動する可能性と仏果を開発する根本の性分ですの、少し難しいでしょうか、

 

 

 

今回は大まかに書いておきますからご覧になってください、

 

「比法華経。最為難信難解。」妙法蓮華経法師品第十

 

比の法華経 最も為れ 難信難解なり

 

 像法時代 真意が「法華経」と中国の「天台智顗」説きまして 日本の

 

伝教大師」がその意を継承いたしますの、

 

そして末法時代の「日蓮大聖人」とつながりますの

 


意思をどこに向けるのでしょうか、自分の命に向けるのです

 

その命が問題なのです その命が皆様に解りませんの 私もどう

 

表現したらいいのでしょうか

 

*「私の意思を私に向ければ無量無数の私の素粒子が動き出すのです」*


間違っても他(他人)にむけるのではありませんのよ自分の命に向けるのです

 

自分の命解りますでしょうか貴方の仏の命「仏性」と申します

 

貴方の身体では有りませんの貴方の身体の生命の形に向けるのです

 

貴方の命の形本尊」ですの

 

(九識・阿摩羅識) 命の構造は後日書きますの申し訳有りません

 


「毎自作是念」「以何令衆生」「得入無上道」妙法蓮華経如来寿量品十六

 

つねに自ら是の念を作さく 何を以って か衆生をして

 

この上のない最高の道に入り

 

 





命のことを「五大」・「地水火風空」・「妙法蓮華経」そして「仏」とそれぞれ申しま

 

 

南無「五大」・ 南無「地水火風空」・ 南無「妙法蓮華経」・南無「仏」 


「比経則為。閻浮提人。病之良薬。」妙法蓮華経薬王菩薩本事品第二十三

 

此の経はすなわち為れ閻浮提の人の良薬なり

 

私たちの意思を向けるお話をいたしました、解りずらくてごめんなさい 

 

 

次は最重要集6でお会いできますように

 

f:id:h114yyy:20170820135754j:plain

 

 

 

「奇跡の旅路」最重要集4

其身非有亦非無 非因非縁非自他 非方非円非短長 非出非没非生滅

非造非起非為作 非坐非臥非行住 非動非転非閑静 非進非退非安危

非是非非非得失 非彼非此非去来 非青非黄非赤白 非紅非紫種種色

 

法華経・開経無量義経徳行品第一)

 

其(そ)の身は有(う)に非(あら)ず 亦(また)無(む)に非ず 因に非ず 縁に非ず 自他に非ず 方に非ず 円に非ず 短長に非ず 出に非ず 没に非ず 生滅に非ず 造に非ず 起に非ず 為作(いさ)に非ず 坐に非ず 臥に非ず 行住に非ず 動に非ず 転に非ず 閑静に非ず 進に非ず 退に非ず 安危に非ず 是に非ず 非に非ず 得失に非ず 彼に非ず 此に非ず 去来に非ず 青に非ず 黄に非ず 赤白に非ず 紅に非ず 紫種種の色に非ず
  
  
「命、生命」のことです 

 

 「このことを理解できる衆生に」

 

私たち人間が「五大」であり「地水火風空」であり「妙法蓮華経」であり「仏」なのです

 

理解できていますでしょうか 知識として知ると言うことと信じるとは別のことと思わ

 

れましたでしょう 私たちは いまだにその前

 

法華経以外の一切の経」の次元の境涯 の衆生だとわかります 法華経以外の一切の

 

経を爾前経と申します 何十万もの釈迦の弟子たちも同じでしたの 知識として

 

知ったのです 信じてはいませんでした しかし 「理解はできました」
 

 釈迦の一つめの目的は達成されました つぎは理解したことを信じさせること価値を

 

変えるのです 真実の挑戦がやっとここから始まりましたの 八年間 法華経を説き続

 

けました

 

 法華経

妙法蓮華経序品第一」から「妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八」まで二十八品と

 

法華経の結経「観普賢菩薩行法経」まで、ここには法華七喩(ほっけしちゆ)

 

と申しまして 七つの比喩によって衆生の本体を表していくのです

 

三車火宅 長者窮子 三草二木 化城宝処 衣裏繋珠 髻中明珠 良医病子
(参考)法華七喩(ほっけしちゆ)でパソコン検索 フリー百貨辞典

 

 十大弟子と数万の弟子たちは「法華経以外の一切の経」をたてまえじょう捨てました
 

ですから八年間の修行の末に記別(未来成仏)未来の世の成仏が釈迦より明かされまし

 

たの、

 

舎利弗(しゃりほつ)摩訶迦葉(まかかしょう)須菩提(しゅぼだい)

 

富楼那弥多羅尼子(ふるなみたらにし)摩訶迦旃延(まかかせんねん)

 

阿那律(あなりつ)優波離(うぱり)阿難(あなん)

 

 釈迦は弟子たちに申します

妙法蓮華経薬王菩薩本事品二十三

 

「我滅度後。後五百歳中。広宣流布。於閻浮提」

                法華経薬王菩薩本事品第二十三

 

我が滅度の後、後の五百歳の中に、閻浮提 に広宣流布して、

 

釈迦の滅度の後2500年のうちに全世界にこの「法」が流布するであろう。

 

 

 釈迦入滅後2500年後

 

(2011年現在のこと)に地球上すべての地で「私の意志を向ける」ための修行を

 

「全世界の人々が受持しこの正しい修行を修習する」と説かれています、天台大師・ 伝

 

教大師が末法を恋い慕いまして、「癩人でもよいから一目でも末法に生まれてこの時を

 

拝したい、どんな世の中になるのだろうか、一目でも見てみたいのだ」と憧れまし

 

た、末法が今のこの社会ですの、今だそうにはなっておりませんの、まだ現実は遠いの

 

ですが、でもしかし、あと僅かで釈迦の申しております大変な世界になりますのよ
     


仏教はすべて釈迦が一人で説きました

 

インドから中国そして日本へこの後は最重要集5でお伝えいたします

 

 

 

 

f:id:h114yyy:20171107104742j:plain

 

 

 

 

 

 

 

すべては素粒子からできている

すべては素粒子からできている - 大阪市立科学館

 

素粒子とは、自然界に存在する物質でもうこれ以上分解できない最小単位の物質を

 

いいます。では、私たちの体を構成している素粒子はなんなのでしょうか?素粒子

 

まで分解してみましょう。  

 

私たちの体をどんどん細かく分解していくと、組織(胃、肝臓など)→細胞→

 

タンパク質→アミノ酸→原子(酸素、炭素、窒素、水素など)と、まず原子にたどり

 

つきます。全てのものは原子からできているのです。

 

この原子の大きさは約0.1nm(10-10m )ととても小さなもので、現在112種類が

 

確認されています。 この原子はプラスの電気を持った原子核とその周りを回る電子

 

とからできています。原子核は約1fm(10-15m)と原子の10万分の1とさらに小さ

 

いものです。電子はこの周りを回っています。電子はマイナスの電気を持っている

 

ので、原子核のプラスの電気に引っ張られてグルグル回っているのです。太陽の

 

周りを地球が回るのと似ていますね。

 

原子核を1円硬貨の大きさとすると電子の軌道半径は約1kmとなります。ここで、

 

登場した電子は素粒子でもうこれ以上分解できないと考えられています。

 

 それでは次に原子核を分解しましょう。原子核はプラスの電気を持った陽子と

 

電気的に中性な中性子とからできています。例えば水素原子の原子核は陽子が

 

1つだけ、酸素原子の原子核は8個の陽子と8個の中性子、窒素原子の原子核

 

7個の陽子と7個の中性子とからできています。そして、これらの陽子と中性子

 

をくっつける接着剤の働きをしているのが中間子という粒子です。陽子、中性子

 

中間子は昔は素粒子と考えられていましたが、現在ではクォークというさらに小

 

さな粒子からできていると考えられています。このクォークは現在素粒子

 

考えられています。しかし、さらに小さなプレオンというものからできているか

 

も知れないという実験報告もあります。

 

クォーク素粒子でない時代もやってくるかもしれません。

 

 我々の身の回りに存在するもの、木、水、プラスチック、金属、瀬戸物、等々、

 

これら全ては電子とクォークという素粒子からできているのです。

 

 ところで、中間子は湯川秀樹が理論的に予言した粒子です。この予言どおり

 

中間子が発見されたので彼はノーベル物理学賞を受賞しています。この中間子

 

の予言は彼が大阪大学講師時代の仕事です。当時大阪大学理学部はここ、

 

大阪市立科学館の敷地内にありました。湯川の中間子論が誕生したのは大阪市

 

科学館の建っているところなのです。

 

 

 

http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/~yoshiya/news/text/tpbuturi.html

 

 

 

 

**「奇跡の旅路」最重要集3**

最重要集1の中からお話いたします

 

*「法華経

 

 「種種説法」「以方便力」「四十余年」「未顕真実」(無量儀経説法品 法華経開経) 

 

種種に法を説くこと方便力を以ってす 四十余年には未だ真実を顕さず

 

 釈迦は ここで「法華経以外の一切の経」は全部方便つまり嘘(私たちの嘘とは違いま

 

すのよ)だとおっしゃいました

 

 (この大変重要な部分を頭の奥に入れておいてくださいね)


 この教えは法華経の開経です「今から真実の経 法華経を話しますからその準備を

 

しなさい」と、申しまして説き始めます 無量義経と申します 三種類あります

 

 徳行品・説法品・十功徳品

 

 無量義とは無量無数の事なのです。数限りないことですの

 

]その中の徳行品に仏の身体について大変有名な34個の「非ず」があります

 

「其身非有亦非無」から「非紅非紫種種色」まで(其の身は有に非ず~種種の色に非ず)

 

その身は有に非ず、身体が無いが無でもない・形が無いし因でもないし縁でもない・

 

無い無いづくしで34回続きますの、非がですの、これが釈迦の悟りの、真実ですの


この時代の、人間界の知識では到底、表現できませんと言うことですの、それでも
 
よくお考えくださいね 無量無数であり 人の知識では認識できるものではないと言う

 

こと お解りですか 

 

 仏とは実は生命、のことなのです
 

生命のことを「五大」・「地水火風空」・「妙法蓮華経そして「仏」

 

それぞれ申します,そしてもっとも重大なこと 私たち一人ひとりが この命の本体つま

 

り「当体」なのです

 (すべては素粒子からできている)

 

 

私たち人間が「五大」であり「地水火風空」であり「妙法蓮華経」であり「仏」なのです

 

ここが重要なのです私個人の意思が私の身体を創り出しているということですの

 

そのための「五大」であり「地水火風空」であり「妙法蓮華経」であり「仏」なのです

 

「私はこういう時こういう様に生きる」と確定した意思がありますの

 

そのために生まれてきたのですから、その意思が貴方の中心部に有りまして貴方の体に

 

働きかけますのよ、中国の天台は九識論によってその実在を明かしました

(九識・阿摩羅識) 

 

(九識につきましてはまた後日にお話いたします)

 

「これが貴方です」と貴方の主体者であるこの生命が働き始めますの

 

貴方の体に「こうするんですよ」とこれを現実の貴方はすこぶる嫌な事としか感じられ

 

ませんの、このことも後日書きますから、お待ちください

 

例えば願い事がありますの、しかしそれは現実ではとても、むりなことと諦めますの、

 

しかしここが論点ですの

 

あきらめる前に、そのことを思いつづける日常ができますれば、その願いはかなうので

 

す、願いはすべて報われる,そのことを説きましたのが、じつは法華経ですの、

 

願いに向かって、

 

私たちの意思をを向ければ無量無数の私たちの素粒子が動き出すのです私の貴方の確定

 

した意思の方向に

 

その意思の指図のどおりに60兆個の素粒子が蠢きだしまして全宇宙へ伝播するのです

 

バタフライ効果)と申します


解りますでしょうか この意味を よくお考えくださいませ 

 

私の貴方の確定した意思の方向に願いが叶うということです、そのための弊害を取り除

 

くことが,法華経の修行の、一つの真意ですの、

 

いまでこそ理論物理学が発達いたしましたが当時は空気 水素の言葉もありませんでし

 

たの,「このことを理解できる衆生に(機根の向上)」方便(うそ)を説いてでもこの衆

 

生への厚情の旅を四十余年間 釈迦は果たすのです 

 

あなたはこの経(教え)を信じられますでしょうか

 

思いをかなえるために

 

私たちの意志を向けるについて最重要集4でお話いたします


(九識・阿摩羅識) につきましては後日書きます

 

 

f:id:h114yyy:20161024142653j:plain

 

「奇跡の旅路」最重要集2

 

 仏教では一つの身体を「五大」・「地水火風空」・「妙法蓮華経」とそれぞれ申しま

 

す、一切の万物万象、もちろん私達の身体からあらゆる物、国土この宇宙までを構成し

 

ています、すべての物質の基 五要素を顕わしたのです、この組み合わせによって、さ

 

まざまな物質に変わります。組み合わせ、が皆様の意思つまり南無と申しますの、その

 

お話がこのブログのメインテーマですの、

 


「すべては素粒子からできている」(参考 大阪市立博物館)


一番身近で一番不可思議な生命のこと

 

f:id:h114yyy:20130715111045j:plain

 

「奇跡の旅路」最重要集1

 釈迦の旅の目的は自らの悟りを人々に理解させることに有りましたの

 

現在でも難解な素粒子物理学を何処まで理解させることが出来ますでしょうか大変な

 

挑戦でしたの
 
釈迦のこの行為を後年の時代 天台大師はこれを五時(五つの教育時代に)に分けます

 

(天台大師の四教儀による)

正法・像法・末法、釈迦の時代を正法・中国にわたり天台ら、の時代を像法・七百年ま

 

えから現在そして、未来までを末法と、分類されます。

 

(参考)
天台大師(智顗)中国南北朝・隋の天台宗開祖

 
「華厳時・阿含時・方等時・般若時・法華涅槃時」

 

華厳経 
菩提樹下で成道した後21日間を、釈迦の成道の歓喜をそのまま人々に伝えたのですが

 

小学一年生程度の機根の方々にアインシュタイン特殊相対性理論E=mc²を講義した有

 

様を想像できますでしょうか ここで気づきます 「もう少しレベルを下げましょう」

 

思慮を重ねつぎを説きました

 


阿含経
12年間 四阿含(小乗経)を説きました   (小学から中学生) 

 

 


「方等経」
16年間 皆様おなじみの 阿弥陀経維摩経(権大乗経)を説きます 

 

(高校から大学) 

 

 


般若経
14年間 人々の機根淘汰の期間 一人前になりました  (大学院)

 


菩提樹下の成道(悟り)より四十余年あまりたちました ここからが大変な

 

問題なのです

 

 


法華経
8年間  驚嘆の一瞬 どんでん返し 「法華経以外の一切の経」はみな方便というの

 

です、もちろん成道も叶いません上を下への大騒ぎですの

 

「種種説法」「以方便力」「四十余年」「未顕真実」
「是故衆生」「得道差別」「不得疾成」「無上菩提」

 

 種種に法を説くこと方便力を以ってす 四十余年には未だ真実を顕さず

このゆえに衆生の得道差別して 疾く無上菩提を成ずることを得ず


                    (無量儀経説法品 法華経開経)

 

皆様の様々な思いのあります中、様々な方便によって皆様の人間性をたかめてまいりま

 

した。その結果、世の通常の常識を皆様、知ることになりました、このことに四十余年

 

間かけてきたのです、今ここで三度にわたり皆様の請願を受けました、これを誓願と受

 

け止めまして、真実をお話いたします。皆様は私が申しますこの上のない境涯・仏には

 

なれません、それは得道差別によるものです。

 

それを克服する修行をこれからお話いたしますから、聞きなさい。(随自意の教え)

 

 

この四十余年間には「法」の真実を顕しませんでした、そこで皆様は上下関係を覚えま

 

した、故に最高の法の理念がお解りになりません、と申しまして、一人、法華経を解き

 

始めますの、弟子の一人も口をはさめないのです、8年間、教授の間・それほど凄まじ

 

いのです、弟子達の驚きは意かばかりであったか創造できますの凄まじい逆転劇でした

 

 

 

 

「涅槃経」
釈迦の入滅直前の一昼夜で集まりました弟子たちに向かいまして、

 

最後の教えを説きます


 
皆様にエールを送り 皆様に期待をかけました

 

*真実とは 何だとお思いですか

 

 

 
 

 

 

 

f:id:h114yyy:20171110122326j:plain

奇跡の旅路

 お釈迦様は王子様でしたの お城には四箇所の門がありまして同じ境遇の人々が

住んでおりました

 

生の門、老の門、病の門、死の門  

生きる苦しみ、老いる苦しみ、病の苦しみ 死ぬ苦しみ、「四苦」と申します。

 

お釈迦様は

毎日この人々をご覧になりまして「彼等だけではない人間とは誰もが苦しんでいる」

このことに初めて気づきますの、人々を救う方法を見つける成道のこの旅

皆様もご存知のとうり自分自身との戦い死闘でした 十九年間、三十歳の時に悟りを

得ます


ここからのお話をいたします奇跡の旅にはいります


 「釈迦は、30歳に仏身を得て50年間、80歳まで旅を続けます」

それは菩提樹の下に悟りました、「法」の世界を、人々につたえる、

そのためにですの、


しかし、それは実は大変なことですの、覚醒いたしました事実を、どう教えま

したらいいのでしょうか、


「やめよう」・「いや助けよう」。 毎日毎日悩み続けますの、とにもかくにも

まず始めようと、


釈迦は意を決しますの、

 


1 「為治狂子故」

狂子を治せんが為の故に(気が違ってしまった子を治すために)

 

2 「我亦為世父」「救諸苦患者」

我もまたこれ世の父  諸の苦患を救う者なり(私はこの世の父それぞれの

苦しみを取り除くもの)

 

3 「随応所可度」「為説種種法」

まさに度すべき所に随って  為に種種の法を説く(それぞれの苦しみに合わせ

彼らのためにそれぞれのほうを教えよう) 

 

私たち全員が一人残らず苦患だそうです信じられますでしょうか 

「狂った子を治す その場所に随ってそれぞれの教え(法)を説く   

苦しい患者を救ってゆく奇跡の旅を釈迦は50年間続けます」  

 

4 「毎自作是念」「以何令衆生」「得入無上道」

  つねに自ら是の念を作さく 何を以ってか衆生をして この上のない

最高の道に入り

(いつもこの願いがあります、どういうようこの人々を、それも何によって

この上のないほどの最高の道を得させるのか)

 

5 「速成就仏身」  

 速やかに仏身を成就することを得せしめんと 

(ただ早く、そして確実に、私と同じ仏心を、持たせてあげられるか、それを私は望んでいる)

 

妙法蓮華経 如来寿量品第十六)

 

 

 
 釈迦が申しますの

 

一刻も速く仏身(森羅万象を知り最善の実践をする全ての智慧を得た身)

を成就させることが私の願いですよ


1~5 までが釈迦の説きました「法華経」の「妙法蓮華経如来寿量品第十六」ですの


仏教は全て釈迦が説きましたの 悟りを得ましてその真実を人々に伝えるために

旅を続けます

人々の素養を見極め、その人に沿った教え(経)を四十余年間、説きつづけます。

 

ここに書きました経は「法華経」と申しまして四十余年間、弟子達の境涯、

 

理解力の度合が頂点に向上いたしました時に、

 

初めて解き始めました八年間。八巻、二十八品に及ぶ大ロマン

 

 

釈迦がこの世に出現した本意ですのよ

最高峰である「法華経」そのなかの本門 妙法蓮華経如来寿量品第十六の

経文を上記いたしましたの

釈迦の言葉です 「何を以ってか衆生をして・・最高の道に入り」             

私たち一人一人が賢い自由人になるために  お読みください 
        
     ( 妙法蓮華経 如来寿量品 )

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:h114yyy:20170506100534j:plain